医師、看護師、技師、研修医の採用・募集を充実し、安全かつクオリティーの高い医療技術を尾道及び周辺地域住民の皆様に提供し、「心を動かす」医療を目指します

小中大

ホーム> 各部門のご案内> 栄養管理室> 紹介

各部門のご案内

尾道市立市民病院から

がん診療

病院情報の公開

トピックス/広報誌

[ 栄養管理室 ]

ご覧になりたい項目を下記のタブから選択してください。情報やお知らせをご案内します。
sp

紹介

尾道市立市民病院における、栄養管理室の紹介をご紹介いたします。
(2018年4月現在)
給食管理

《給食管理》
 入院患者さんの食事は入院食事療養(機砲瞭禄个鮃圓辰討り、配膳時間は朝食7時30分・昼食12時・夕食6時です。温冷配膳車を導入し、温かい物は温かく、冷たい物は冷たい状態で提供できるよう努めています。
 入院中の食事は、大きく分けると「一般食」と「治療食」があります。一般食とは「普通食」のことで、特別な制限の無い食事です。
特別食とは病気の治療に必要な制限をした食事で、「エネルギーコントロール食」、「塩分コントロール食」、「たんぱくコントロール食」、「脂質コントロール食」、「易消化食」、「嚥下食」、「食欲不振対策食」などがあります。食べてこその治療食ですので、食べにくい場合はお知らせください。管理栄養士が伺い食事の工夫をさせていただきます。また、患者さんの満足度向上のため選択メニューを実施し、食事の改善・進化に日々取り組んでいます。

【 選択メニュー食の紹介 】
●選択メニュー食
毎週木・金・土曜日の昼食・夕食に、通常の献立とは別にバラエティに富んだメニューを用意しております。
対象: 食事制限のない一般食の方が対象
    (常食・全粥食・授乳食・幼児食・学童食)

料金: 追加料金100円

(例)選択メニュー例


【嚥下食】
高齢による嚥下機能の低下や脳血管障害などの既往がある方は、食事の際「食べ物が飲み込みにくい」「のどにつかえる」「むせる」といった症状で、食事摂取量が低下し、低栄養・脱水・誤嚥性肺炎・窒息等の危険性が高くなります。嚥下状態を把握するために、当院では 嚥下造影検査(VF)・嚥下テスト(食形の異なるものを口の中に入れ評価)を行っています。
医師・言語聴覚士等が嚥下機能の状態を評価し、嚥下調整食に準じた、個々にあった食事を提供しています。

【食欲不振対策食】
当院では、がん治療中など様々な理由で、食欲不振症状を訴える患者さんが、少しでも食事を美味しく食べていただけるように、食事をご用意しています。
食事内容の調整が必要な患者さんには、随時管理栄養士による嗜好調査を実施しております。

  拡大画像はこちらからご覧ください。

        

栄養管理

《個人栄養指導》
●入院栄養食事指導
 入院中、特別食を提供している患者さんに対して、医師の指示に基づき管理栄養士がライフスタイルや食習慣にあわせてアドバイスいたします。退院後も実践しやすいような、分かりやすい提案・指導を行っています。

●外来栄養食事指導
 外来の診察で、特別食が必要と診断された患者さんに、医師の指示を受けた管理栄養士が栄養食事指導を行っております。
日頃から栄養や食事についてお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 

《集団栄養指導》
●糖尿病教室
 
構成メンバー:
 看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床心理士、臨床検査技師

土日月を除くその他の曜日で2週間クールのサイクルとなっています。
※食事療法については隔週水曜日14時〜

 

チーム医療

多種の院内チームに参画しています

NST(栄養サポートチーム)では、入院患者さん個々に対して栄養管理計画書に基づき、栄養アセスメント・計画・実施・評価し患者さんの適切な栄養管理を行なっています。また、緩和ケアチーム・糖尿病ケアチーム・褥瘡対策委員会・血管診療センターなどにも参加し、治療の一環としての栄養改善・教育を行なっいます。

栄養サポートチームのラウンドの様子

 

 

sp
sp
ページ先頭へ戻る