内科 : 糖尿病、肺炎、腎不全、ネフローゼ症候群、肝臓癌、肝硬変、悪性リンパ腫
緩和ケア支援病床 : 化学療法、放射線治療、免疫療法、緩和ケア
泌尿器科:尿路感染、尿路結石、前立腺肥大、前立腺がん、膀胱がん
58床(内科・泌尿器科・緩和ケア支援病床)

がん治療における化学療法や痛みに緩和ケアなどに取り組んでいます。
泌尿器科では、手術療法もおこなっています。病気と共存しながら、療養生活を送られる患者さん・家族の人の思いに寄り添ったケアを提供したいと日々頑張っています。ご高齢の方が増加する中、運動機能が低下しやすいため、1日でも早く元の生活に戻れるように支援しています。
毎朝、病棟において退院支援看護師、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士との協働でのカンファレンスを行い、退院に向けた看護の実践に取り組んでいます。

5病棟は、集学的がん治療センターと内科、泌尿器科の混合病棟です。
集学的がん治療センターは、日常生活を送りながら化学療法を継続される患者さんを、外来化学療法室と病棟が連絡をとりながら、支援を行っています。また、緩和ケアチームと連携し、痛みなどの苦痛症状の緩和に取り組むとともに、患者さんやご家族の思いを大切にしながら、安楽な最期を迎えていただけるように努めています。
内科では、肺炎の患者さんが多く、口腔ケア、嚥下訓練を行い、NSTと連携をとりながら、栄養状態の改善に努め、退院に向けた支援を行っています。
泌尿器科では、手術療法以外に、化学療法、緩和ケアなどあらゆる患者さんのケアを行っています。毎日の医師とのカンファレンスで、情報共有と看護ケアの質の向上を目指しています。
2012年10月より、PNS(パートナーシップナーシングシステム)を開始し、今まで以上に、患者さん・ご家族の思いに寄り添った看護や支援が提供できるように心がけています。
笑顔・やさしさ・和やかさをモットーに、患者さんとともに喜びあえる看護をめざしていきたいと思います。

当HPに使用している写真は、撮影者・対象共に使用許可を得て掲載しております。

Copyright (C) ONOMICHI MUNICIPAL HOSPITAL. All Right Reserved.